営業ツールおすすめ12選一覧!プロセス可視化で営業効率アップ【24年最新】

ビジネスマン

おすすめの営業ツールを知りたい
営業の業務プロセスをもっと効率化したい
売上や顧客数を伸ばしたいが人手が足りない

営業ツールを導入すれば、営業活動における情報管理の手間を省けます。従業員はよりコア業務に専念できるようになるでしょう。

営業実績を上げるためのおすすめツールは「Sales Platform」。「Sales Platform」には営業支援や顧客データ管理など、業務効率化に役立つ機能がすべて搭載されています。

ツール」と「マンパワー」の両軸で営業を強力サポートしてくれるのが魅力。厳選された営業のプロに代行してもらえるので、人手不足の解消だけでなく売上アップも見込めます。

なお今なら期間限定で60,000件以上の企業リストと6,000件の電話営業を無料プレゼント中です。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

Q.営業ツールおすすめはどれ?

A.本記事で紹介するおすすめ営業ツールから厳選した3選は、以下のとおりです。

ツール名解決できる悩み
Sales Platform網羅的でオールインワンの営業ツールが欲しい
・ツールだけでなく代行スタッフもお願いしたい
Sales ForceSFAに強いツールが欲しい
・メールやSNSの自動応答サービスが欲しい
Mazrica Sales・操作がしやすくシンプルなツールが欲しい
・モバイルアプリでも使用したい

各代行会社の詳細は、営業ツールおすすめ12選をご確認ください。

Q.営業ツールでは何ができる?
Q.営業ツールのおすすめの選び方は?

A.「選択肢が多すぎて、どの営業ツールを使えばいいかわからない」という方は、オールインワンの営業ツールがおすすめです。別々に営業ツールを揃えるよりも、低コストで自社の問題解決が期待できます。

また無料トライアルがあるものを選び、一通り試してから利用を検討するのも良いでしょう。

目次

営業ツールの代表的な4つの機能

営業ツールの種類や役割

営業ツールの代表的な機能は、以下4つです。種類や役割を把握すれば、自社や商品に合う営業ツールが何か判断しやすくなるでしょう。

  1. アポ獲得(新規開拓)
  2. MA(マーケティング・オートメーション)
  3. SFA(セールス・フォース・オートメーション)
  4. CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

アポ獲得(新規開拓)

アポ獲得(新規開拓)の手法としては、主に以下の4つが挙げられます。

アポ獲得(新規開拓)の手法メリットデメリット
電話(テレアポ)・多くの人にアプローチできる
・潜在顧客を獲得できる
・信用してもらえない可能性がある
・アプローチ先が減ってしまう可能性がある
メール・大量のアプローチができる
・比較的低コストで送受信できる
・相手の反応は見えない
・開封率が比較的低い
郵送DM・紙媒体なので五感に訴えやすい
・掲載できる情報量が多い
・送り先の住所がないと送れない
・反応があるまでに時間がかかる可能性がある
お問い合わせフォーム・内容を分析して事業運営に反映できる
・オペレーターの負担が減る
・作成に手間がかかる
・個人情報の入力に抵抗がある人もいる

新規開拓営業において、アポ獲得は避けて通れません。時間・費用の面で膨大なコストがかかるため、営業ツールに任せたい業務の筆頭格ともいえます。

メールは比較的自動化が容易ですが、テレアポやお問い合わせフォームは難しいものもあります。アポ獲得機能をすべて備えた営業ツールは少ないです。

Sales Platform」なら、営業アプローチ機能が完備されており、リストの作成からアプローチの実行までサポートします。ノウハウや新規開拓リストがない状態からでも、確度の高い営業活動を実現できるでしょう。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

MA(マーケティング・オートメーション)

MAとは、マーケティングを自動化して商談に至るまでのプロセスをサポートする機能のことです。

MAの代表的な機能として、以下の4つが挙げられます。

  • 見込み客のWebサイト閲覧履歴
  • 添付資料閲覧報告機能
  • 自動メルマガ配信
  • シナリオ作成機能

見込み客の関心やホットリードを洗い出し、購買可能性の高い顧客に効率的にアプローチします。

MAに特化した「Sales Crowd」のような営業ツールを活用すれば、顧客の関心度合いに応じて適切なアプローチを分析できるため、段階的な情報提供に役立つでしょう。

営業マンに専門的な知識や経験がなくても、蓄積データによる自動マーケティングがあれば安定した売上向上が期待できます。

>> Sales Crowdの詳細をチェックする

SFA(セールス・フォース・オートメーション)

SFAは、営業の業務プロセスの効率化を図り、営業部隊全体で活動詳細を共有するための機能です。

主に以下のデータを管理する機能が備わっています。

  • 商談事例の管理
  • 案件の管理
  • 顧客情報の管理
  • 予実管理
  • 営業の行動管理
  • 受注率の算出
  • 活動報告機能
  • アプローチ音声録音等

SFAに特化した「Mazrica Sales」なら、蓄積されたデータからの分析はもちろん自動レポート作成機能も搭載されています。営業活動の共有や報告に役立つでしょう。

MAがマーケティング・ナーチャリングに特化しているのに対して、SFAは営業活動の効率化や情報管理に特化しています。

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

CRMは顧客にフォーカスした機能で、社内に散らばる顧客情報を一元管理できます。営業の属人化を防ぎ、正しく顧客との関係性を管理・維持していけるでしょう。

具体的な機能は、以下の3つです。

  • 名刺管理
  • 商品情報管理
  • 顧客の分析

世界でNo.1シェアの「Sales Force」なら、蓄積した顧客データをもとに適切なアプローチを行えるため、顧客との関係性向上に役立つでしょう。

リピーターや解約防止に繋がれば、機会損失を防げます。結果的に長期的な収益向上も可能です。

営業ツールおすすめ12選

おすすめの営業ツール11選

営業活動を効率化するおすすめの営業ツールを、12種類に厳選して紹介します。

営業ツール特徴
Sales Platform営業支援ツールと営業代行スタッフがセットになったサービス
・リスト作成、アプローチ、マーケティング、分析まで営業活動のすべてを支援
Sales Crowd国内最大級の企業データベース
・MA・SFA・CRMオールインワンの営業ツール
・ワンクリックで電話やメールを送信可能
Sales Force世界シェアNo.1の営業ツールで、さまざまな営業支援サービスを展開している
・MA・SFA・CRMを完備
・他社の営業ツールと連携可能
Mazrica Salesモバイルアプリでも使用可能
・素人でも使いやすいUI
Marketo・全世界で使用されており、5,000社を超えるシェアを獲得
・初期導入支援に加えて、マーケティングのコンサルティングも受けられる
Sansan元名刺管理サービスの強みである企業情報に注力
・帝国データバンクとの連携で100万件を超える企業データベース
Microsoft Dynamics 365 SalesMicrosoftによるサポート体制が万全
・Officeと連携可能
HubSpot Sales Hub・一つのプラットフォームで完結するため、初心者でも使いやすい
・CRMプラットフォームの中でMA、SFAに対応できる
meet in商談に特化したオンラインミーティングができる
・好きな文字列を打つことで即時にミーティングできる
Crowd CalendarGoogleカレンダーと連携可能
・URLを送るだけで自動でスケジュール調整
・さまざまなデバイスで使用可能
URIKATAAIによる営業力の分析とフィードバック
・営業に必要な能力を細分化してトレーニングできる
BIZMAPS登録企業が170万社以上
・細分化されたソート機能
・AIによるレコメンド機能

本章を読めば、自社の予算や目的に合う営業ツールを簡単に見つけられるはずです。

網羅的かつ使いやすさを求めるなら「Sales Platform

出典:株式会社アイドマ・ホールディングス
サービス名Sales Platform
ツールの概要・リスト作成
・アプローチ
・分析
・SFA
・MA
・リモート商談
料金体系要問い合わせ
特徴・営業支援ツールと営業代行スタッフがセットになったサービス
・リスト作成、アプローチ、マーケティング、分析まで営業活動のすべてを支援
URLhttps://02.sales-platform.jp/lp/sales-contact01

Sales Platform」は「効率的かつ網羅的なツールを導入したい」「使いやすさも重視したい」方におすすめです。

以下のように、営業活動に必要な機能が揃っています。

  1. リスト作成
  2. アプローチ
  3. 顧客管理
  4. 商談の進捗管理
  5. マーケティング

営業業務の効率化が図れるため、注力したい業務により集中できるようになるでしょう。

また新規顧客の獲得が得意な点も魅力。実際に「毎月700社以上の企業に営業を実施し、新規顧客の獲得にも成功」しています。

そのため新規顧客の獲得に困っている企業の方にもおすすめの営業ツールです。

さらに営業支援実績は7,850社以上。豊富な経験から蓄積されたノウハウがある営業代行会社なので、安心して任せられるでしょう。

今なら期間限定で、自社にマッチしたターゲットを抽出した企業リスト60,000件と、営業スタッフによるテレマーケティング6,000件を無料プレゼントしています。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

新規開拓営業に役立てるなら「Sales Crowd」

出典:株式会社Sales Crowd

サービス名Sales Crowd
ツールの概要新規開拓に特化したプラットフォーム
・リスト作成
・アプローチ
・リモート商談
・自動分析
・SFA・MA
料金体系30ID付与型:20万円×12ヶ月
50ID付与型:30万円×12ヶ月
100ID付与型:50万円×12ヶ月
※初期費用無し
特徴国内最大級の企業データベース
MA・SFA・CRMオールインワンの営業ツール
ワンクリックで電話やメールを送信可能
URLhttps://sales-crowd.com/

Sales Crowd」は、新規開拓営業を強化したい営業担当者に適しています。

MA・SFAなどの機能が備わっているだけでなく、アポ獲得のためのアプローチ活動を手軽に行えるのが大きな特徴です。

国内最大級の企業データベースから自動で最適なリスト作成を行い、アウトバウンド営業に必要なものをすべて揃えています。事前準備に追われる心配なしに、無駄のない営業活動を開始できるでしょう。

MA機能・自動メルマガ送信
・見込み客のトラッキング
・シナリオ作成機能
SFA機能・商談管理
・受注率の算出

上記の通り、Sales Crowdさえあれば営業活動のすべてを網羅できるのも魅力。リスト作成から商談までの営業活動がワンストップで行えるため、費用対効果の高い営業ツールだといえるでしょう。

さらに導入サポートのほか、ガイダンス・コンシェルジュにも対応。営業チーム全員がすべての機能を使えるようにバックアップしています。

「使いこなせるか不安」「効果的な使い方をサポートしてほしい」という方も安心して導入できます

>> Sales Crowdの無料デモを試すならこちらをクリック

世界シェアNo.1の営業ツールなら「Sales Force」

株式会社セールスフォース・ジャパン
出典:株式会社セールスフォース・ジャパン
サービス名Sales Force
ツールの概要細分化された営業ツール
・Sales Cloud(SFA)
・Service Cloud(CRM)
・Marketing Cloud・Pardot(MA) 
などSaaS型クラウドサービスアプリ開発もできるプラットフォーム
料金体系SFA機能Sales Clowd(月額※税込み/1ユーザー)
Starter:3,300円
Professional:10,560円
Enterprise:21,780円
Unlimited:43,560円
Unlimited+:66,000円

カスタマーサービスService Cloud(月額※税込み/1ユーザー)
Starter:3,300円
Professional:10,560円
Enterprise:21,780円
Unlimited:43,560円
Unlimited+:66,000円

MA機能
Marketing Cloud:要問い合わせ
特徴世界シェアNo.1の営業ツールで、さまざまな営業支援サービスを展開している
MA・SFA・CRMを完備
営業部門内での情報共有
モバイルアプリでも使用可能
素人でも使いやすいUI他社の営業ツールと連携可能
URLhttps://www.salesforce.com/jp/

実績豊富な営業ツールから選びたい方には「Sales Force」がおすすめです。以下3つの営業支援サービスを展開しています。

  • MA
  • SFA
  • CRM

特にSFAツールであるSales Cloudは、全世界で15万社以上が導入したシェアNo.1の実績があります。

Sales Cloudは顧客管理に特化。見込み客の情報や営業ワークフローの設計運用で、営業活動の効率化とコストカットを図ります。

またCRMツールであるService Cloudでは、カスタマーサポートを自動化して顧客対応の負担削減が可能です。

メール・SNSなどのさまざまなチャネルに対応し、AIによって自動返信できるため、顧客満足度を高められるでしょう。

>> Sales Forceを30日間無料で試すならこちらをクリック

営業パフォーマンスを向上させるなら「Mazrica Sales(旧:Senses

株式会社マツリカ
出典:株式会社マツリカ
サービス名Mazrica Sales
ツールの概要SFAに特化したクラウド型営業ツール
・顧客管理
・案件管理
・行動管理
・レポート機能
・AI機能
・名刺管理
・モバイルアプリ
・マーケティング機能
※リモートワークにも対応
※多様な外部ツールと連携
料金体系Starter:月額27,500円(税込み)~
Growth:月額110,000円(税込み)~
Enterprise:月額330,000円(税込み)~
特徴導入後すぐに使用可能
営業部門内での情報共有
モバイルアプリでも使用可能
素人でも使いやすいUI
URLhttps://product-senses.mazrica.com/

「案件の進捗状況を共有できるようにしたい」という方におすすめなのが、SFAに特化した営業ツールの「Mazrica Salesです。

以下3つの機能で、営業活動の属人化を防ぎます。

  • 顧客管理機能
  • 案件管理機能
  • 行動管理機能

結果として営業パフォーマンスを安定させる効果が期待できるでしょう。

またレポート機能によって、以下の基本的なデータをダッシュボードで管理できます。

  • 売上実績
  • 推移
  • 着地見込み
  • 受注率
  • 進捗率等

データの蓄積によって、改善点を洗い出してくれます。さらにAIが搭載されており、過去案件から以下の情報を算出。リスク分析や類似案件の割り出しが得意なのも魅力の1つです。

「Mazrica Sales」はモバイルアプリにも対応しています。外出先でも情報をリアルタイムに共有できますよ

>> Mazrica Salesの無料トライアルを試すならこちらをクリック

マーケティング支援で売上を最大化するなら「Marketo」

Marketo Inc.
出典:Marketo Inc.
サービス名Marketo
ツールの概要MAの代表的な営業ツールで、下記のアプリケーションを搭載
・マーケティングオートメーション
・メールマーケティング
・モバイルマーケティング
・ソーシャルマーケティング
・デジタル広告
・webパーソナライゼーション
・アカウントベースドマーケティング
・マーケティングアナリティクス
・予測コンテンツ
・予測オーディエンス
・Marketo Sales Insight(営業支援)
・Marketo Sales Connect(CRM連携)AI搭載
料金体系4つの料金プラン
・Growth
・Select
・Prime
・Ultimate
※価格は要問い合わせ・個別見積りにも対応
特徴全世界で使用されており、5,000社を超えるシェアを獲得
初期導入支援に加えて、マーケティングのコンサルティングも受けられる
URLhttps://jp.marketo.com/

精度の高いマーケティングで売上向上を目指したい方には「Marketo」がおすすめです。

MAに特化した営業支援ツールで多彩なアプリケーションを使用できるので、マーケティングを多角的に支援できます。さらに外部システムとの連携によって、MA以外の営業支援も可能です。

AIが搭載されており、精度の高いナーチャリングとスコアリングによって以下の4つを得意としています。

  • メールマーケティング
  • LP作成
  • Web広告の打ち出し
  • ホットリードの割り出し

マーケティングと営業の2つの部門を、リアルタイムで連携。より効果的な営業施策の効率的に打ち出しに秀でています。

多くのアプリケーションによってさまざまな恩恵が受けられる一方で、使いこなす必要もあります。そのため営業部門内で浸透させるための工夫が必要です。

>> Marketoをより詳しく知りたい方はこちらをクリック

顧客管理の効率化なら「Sansan」

Sansan株式会社
出典:Sansan株式会社
サービス名Sansan
ツールの概要名刺管理クラウドから、下記の機能を備えた営業DXツールに進化
・企業データベース
・名刺をデータ化
・メール署名取り込み
・スマートフォーム
・顧客との接触記録
・オンライン名刺
・スマート名刺
・メーカー商談管理
・リストチェック
・顧客の人事異動情報
・企業の最新ニュース配信
・名刺分析メール配信
・社員間メッセージ機能
NPO法人向けのプランも用意
料金体系初期費用+運用支援費用+ライセンス費用(月額)+オプション費用(月額)+Sansanスキャナ(月額)
※機能やサービスに応じて変動するため、詳細な金額は要問い合わせ
特徴元名刺管理サービスの強みである企業情報に注力
帝国データバンクとの連携で100万件を超える企業データベース
SalesforceやMarketo等のCRM・SFA・MAツールと連携可能
URLhttps://jp.sansan.com/products/sansan/

効率的に顧客管理をしたいなら「Sansan」がおすすめです。

名刺管理ツールを、2022年に営業DXツールへと刷新。従来よりも営業活動を強化できるサービスとして提供されています。

Sansanの強みは、元の機能である名刺管理機能をさらに強化して、営業活動へと反映した点です。加えて100万件を超える企業データベースを標準搭載しているところも挙げられます。

新規開拓だけでなく既存顧客の最新情報もリアルタイムで追えるため、営業活動に迅速に反映させられるでしょう。

また比較的新しい営業ツールで次々と新機能がリリースされており、今後の機能や実績が期待できます。

>> 【3分でわかる】Sansanの資料を無料ダウンロードする

OfficeやTeamsと連携するなら「Microsoft Dynamics 365 Sales」

Microsoft Corporation
出典:Microsoft Corporation
サービス名Microsoft Corporation 365 Sales
ツールの概要SFAに特化した営業ツール
・Microsoft Teamsと連携
・モバイルアプリAIによる分析
・取引リスクのスコアリング
・営業サイクルの可視化
・売上変動予測
・レポートの自動作成
・営業担当者の育成
・MA・CRMにも対応
料金体系Professional:8,125円
Enterprise:11,875円
Premium:16,875円
Microsoft Relationship Sales:20,250円
Microsoft Sales Copilot:6,250円
※すべて月額/1ユーザー
特徴ほしい機能のカスタマイズが可能
Microsoftによるサポート体制が万全
Officeと連携可能
URLhttps://dynamics.microsoft.com/ja-jp/sales/overview/

OfficeやTeamsなどのMicrosoft社製サービスを多用しているなら「Microsoft Dynamics 365 Sales」が活用しやすいでしょう。

Microsoft Dynamics 365 Salesは、Microsoftが提供している営業ツールのなかでもSFAに特化したサービスです。

顧客・商談管理といったSFAの基本機能に加えて、高性能なAIによる分析やリスク管理のアラートを受け取れます。

またMicrosoftが提供しているため、OfficeやTeamsなどの営業に限らず、多くの業務に使用されている製品と容易に連携できるのも魅力です。

Microsoftでは、Dynamics 365 Sales以外にも以下のサービスを展開しています。

  1. Dynamics 365 Marketing(MA)
  2. Dynamics 365 Customer Service(カスタマーサービス)
  3. Dynamics 365 Field Service(フィールドサービス)

自社のニーズに合わせて組み合わせれば、営業活動の効率・成約率を最大化できるでしょう。

営業に関するツール以外にも、ERPソリューションとの併用もできます。営業の垣根を超えた活用もできるのが強みです。

>> Microsoft Dynamics 365 Salesを無料で試すならこちらをクリック

誰でも使いこなせるUIなら「HubSpot Sales Hub」

HubSpot, Inc.
出典:HubSpot, Inc.
サービス名HubSpot Sales Hub
ツールの概要SFAもできるCRMプラットフォーム
・メールテンプレート&トラッキング
・ドキュメント管理
・顧客との通話内容を自動で記録&AIによる分析
・コールトラッキング
・メールのセールスオートメーション
料金体系Professional:月額96,000円~
Enterprise:月額432,000円~
※無料プランもあり
※課金すればユーザー数を超えても使用可能
特徴一つのプラットフォームで完結するため、初心者でも使いやすい
CRMプラットフォームの中でMA、SFAに対応できる
日本語によるカスタマーサポートあり
導入支援とコンサルティング・テクニカルサービスが充実
URLhttps://www.hubspot.jp/products/sales

HubSpot Sales Hub」は「ITスキルに自信がない」「導入しても社員が使いこなせるか不安」という企業に適しています。

HubSpot Sales Hubは、シンプルなUIで誰でも簡単に使用できるのが魅力です。

他社の営業ツールはサービス・機能が細分化されており、自由度と専門性が高い傾向にあります。営業チーム内全員が使いこなすためには、時間がかかる可能性があるでしょう。

HubSpot Sales Hubの場合は、初心者でも簡単に操作できるように設計されています。十分な営業サポートがありながらも、一つのプラットフォーム上で完結させられる点が強みです。

SFAやMAなどの営業を効率化する機能を拡張可能や、一部機能を無料で使用できるプランも提供されています。まずは使用感を試した上で、必要な機能を拡張していくのもいいでしょう。

導入ハードルが低いため、営業ツールがどのようなものなのかを試してみたい方におすすめです。

>> HubSpot Sales Hubを無料で試すならこちらをクリック

オンライン商談が多いなら「meet in」

meet in
出典:株式会社meet in
サービス名meet in
ツールの概要PC・スマホから1秒で繋がるオンラインミーティングツール
アプリケーションのインストール不要
商談のための機能が充実
・資料・画面共有
・契約書捺印
・複数人接続
・名刺表示
・チャット機能
・商談情報登録
・モニタリング機能
料金体系要問い合わせ
特徴商談に特化したオンラインミーティングができる
好きな文字列を打てば即時にミーティングできる
サポート体制が万全
URLhttps://meet-in.jp/

オンライン商談が多いなら「meet in」がおすすめmeet inは、いつでも・どこでも即時に商談できるオンラインミーティングツールです。

「1秒で、オンラインミーティング」というキャッチコピーが掲げている通り、任意の文字列を送信すれば、2ステップで商談できる手軽さが魅力です。

ログインやアプリのダウンロード等の手間が一切かかりません。自社だけではなく顧客の負担軽減にも繋がります。

また商談に特化したミーティングツールで、以下のような機能も充実しています。

  • オンライン通話機能
  • 資料の画面共有
  • 契約書捺印
  • 名刺表示

商談のための移動時間や交通費の削減にも繋がります。

>> meet inをより詳しく知りたい方はこちらをクリック

手軽に使えるスケジュール管理ツールなら「Crowd Calendar」

Crowd Calendar
出典:株式会社アイドマ・ホールディングス
サービス名Crowd Calendar
ツールの概要完全無料のスケジュール管理ツール
アプリケーションのインストール不要
営業に役立つ機能
・スケジュール調整機能
・アンケート集計機能
料金体系無料
特徴Googleカレンダーと連携可能
URLを送るだけで自動でスケジュール調整
さまざまなデバイスで使用可能
URLhttps://crowd-calendar.com/lp

Crowd Calendar」は、手軽に使える無料のスケジュール管理ツールを探している方におすすめです。

Googleカレンダーと同期させられるため、予定の一括管理が可能。URLを送付するだけでアポや商談のスケジュール調整ができます。

またアンケート機能を使った日程調整や、営業に役立つ集計機能も備えているのも魅力です。

URLを開いて表示されたカレンダーに顧客が日時を選択するだけで、日程の調整が自動で行われます。自社・顧客双方の負担が軽減されるのも大きなメリットです。

日程調整の手間が少なければ、多忙な顧客でもアポや商談にも繋げやすくなるでしょう。

>> Crowd Calendarを今すぐ無料で使うならこちらをクリック

営業スキルを向上させるなら「URIKATA(ウリカタ)」

URIKATA
出典:株式会社アイドマ・ホールディングス
サービス名URIKATA(ウリカタ)
ツールの概要売れる営業マンを目指すための機能が充実
・セールスサーベイ機能
・セールストレーニング機能
・オンラインセールス機能
料金体系要問合せ
特徴AIによる営業力の分析とフィードバック
営業に必要な能力を細分化してトレーニングできる
URLhttps://uri-kata.jp/

URIKATA」は、営業部門全体のスキルを向上させたい方におすすめのツールです。

定量化しにくい「売れる営業マンの特徴」をテンプレート化。簡単な質問に答えるだけで個々の営業マンの課題を分析し、改善策を提示します。

改善→実施→分析を繰り返し、営業部門全体の営業スキル向上を目指します。属人的ではない高品質のパフォーマンス発揮が期待できるでしょう。

「営業担当者ごとのスキルに差がある」「スキルが属人的で、教育に悩んでいる」という担当者の方にこそ使ってほしいツールです。

>> URIKATAをより詳しく知りたい方はこちらをクリック

企業のデータ収集に役立つツールなら「BIZMAPS(ビズマップ)」

BIZMAPS
出典:株式会社アイドマ・ホールディングス
サービス名BIZMAPS(ビズマップ)
ツールの概要国内最大級の企業データプラットフォーム
料金体系Free:月100件まで無料
個別購入プラン:5,000円〜
定額プラン5000:3か月で月あたり49,900円~
定額プラン1000:3か月で月あたり9,980円~
特徴登録企業が170万社以上
細分化されたソート機能
AIによるレコメンド機能
URLhttps://biz-maps.com/

BIZMAPS」は、170万社を超える豊富な企業データベースをもとに、30秒でリスト作成が行える営業ツールです。

膨大な企業の数もさることながら、基本情報だけでなく細分化されたソート機能で確度の高いターゲティングができます。

  • 業種
  • 地域
  • 売り上げ
  • 掲載サイトや展示会の出展の有無等

企業リストの更新も適宜行われているため、企業情報のアップデートも必要ありません。リスト作成の手間を省くだけでなく、ホットリード抽出のための企業リストが瞬時に利用できます。

購買可能性の高い顧客に効率よくアプローチ可能なため「成約率を向上させたい」「単価を上げたい」という方にも最適です。

>> BIZMAPSをより詳しく知りたい方はこちらをクリック

営業ツールを選ぶ2つの視点

営業ツールの最適な選び方

営業ツールを導入したくても「自社の営業部隊や商品に合うものがわからない」というケースも多いです。営業ツールは、下記2つの視点で選定しましょう。

  1. どのツールを選べば良いか分からない場合
  2. 自社の予算を圧迫したくない場合

自社に当てはまるパターンに合わせた選び方をすれば、迷う心配なくぴったりの営業ツールを見つけられるはずです。

どのツールを選べば良いか分からない場合

どの営業ツールを選べばいいかわからない場合は、営業ツールの機能を網羅したオールインワンのものを選びましょう。

営業ツールの機能や内容は多岐に渡り、数ある営業ツールから自社に適したものを見つけ出すのは至難の業ともいえます。

オールインワンの営業ツールであれば、別々に営業ツールを揃えるよりも低コストで自社の問題解決が期待できます。

「導入に不安がある」「使いこなす自信がない」という懸念がある場合は「Sales Platform」がおすすめです。

Sales Platformはオールインワンのサービス。営業ツールに、マーケティングスタッフというマンパワーがプラスされています。

営業活動に必要な以下4つの機能を網羅しています。

  • リストの作成
  • アプローチ
  • 結果分析
  • 顧客管理

ツール上で営業活動を完結させられるのが魅力です。

営業部門全体の負担が軽減されるだけでなく、コア業務への集中が見込めます。成約率・顧客単価の向上にも繋げられ、更にはコストカットもできるでしょう。

実行スタッフのサポート付きなので「営業チームがまだない」「ノウハウがない」という企業でも導入できます。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

自社の予算を圧迫したくない場合

営業ツールは導入コスト・ランニングコストが高額。自社の予算を圧迫しないものを選定しましょう。

最低でも、営業マン1人あたりの人件費を超える営業ツールは望ましくありません。

例えば、1人あたりの営業マンの人件費が40万円なら、自社が使う営業ツールは人件費の半分である、20万円程度に抑えるのが理想です。

営業ツールの料金体系はプランごとに分かれています。どの機能を使用するか・ユーザー数で料金が大きく変動する可能性があるでしょう。

無料トライアルがあるものを選ぶ・機能を絞るなどの工夫をすれば、営業ツールのコストが抑えられます。

HubSpot Sales Hub」なら、一部機能が無料で利用可能。使用感を確認した上で購入を決められます。

自社に適切な機能を見極め、なるべくコストパフォーマンスの良い営業ツールを選びましょう。

>> HubSpot Sales Hubを無料で試すならこちらをクリック

営業ツールの選定ポイントを4つの課題ごとに解説

営業ツールはケース別に使い分ける必要がある

どのような営業ツールを導入すべきかは、企業や営業マンが抱える課題によって変わります。

  1. 商談数が少ない
  2. 商談成約率が悪い
  3. 営業の回転率が悪い
  4. 顧客単価が低い

目的や悩みに合う営業ツールを選定できれば、無駄なコストをかける心配なく業務の効率化や売上向上を目指せるでしょう。

商談数が少ない場合

成約数を高めるためには、まず商談数を最大化する必要があります。

役立つのが、リスト作成からナーチャリングまでを網羅できる営業ツールです。営業活動では成約までに膨大な業務が発生します。業務の一部は以下の通りです。

  • 顧客リストの作成
  • 荷電
  • メール等でのアプローチ
  • アポイントの獲得
  • 商談準備など

営業ツールを使えば、上記の業務を軽減できます。従業員は注力したいコア業務に集中できるようになるでしょう。

さらに営業ツールでは、顧客の属性や関心度合いを的確に分析し、適切な情報提供を通して購買意欲を高められます。

例えば営業支援サービス「Sales Platform」では、商談数を向上させるために下記の機能が搭載されています。

  1. ツールに内蔵された企業リストから自動でリスト作成
  2. 市場規模確認
  3. アプローチの分析
  4. 自動ナーチャリング

営業代行会社が提供している営業ツールであるため、蓄積されたデータをもとに確度の高いリスト作成や分析を行える点が強みです。

「アプローチしてもアポイントや成約に繋がらない」「顧客の分析まで手が回らず、やみくもに営業してしまっている」という課題を抱えた営業マンや経営者に向いています。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

商談成約率が悪いケース

商談数を増加させても、成約率が悪ければ売り上げには繋がりません。

商談成約率が悪いケースでは、営業体制やマーケティングの見直しに役立つ営業ツールが効果を発揮します。

成約率が悪い場合は、以下のような要因が考えられます。

  1. 営業そのものを個人に委ねてしまっている
  2. 営業におけるマネジメントに偏りがある
  3. マーケティングが正しく行えていない
  4. 自社の強みと顧客のニーズが乖離している

営業ツールには営業活動をデータ化し共有・分析する機能もあります。営業の属人化を防ぐだけでなく、成約率改善のための課題発見にも繋がるでしょう。

例えばSales Croud」なら、営業活動のすべてをDX化してアポ・マーケティングの品質を高められます。さらにリード獲得から商談を即座に実行し、成約率アップも期待できます。

>> Sales Crowdの無料デモを試すならこちらをクリック

営業の回転率が悪いケース

業務が膨大で営業の回転率が悪く、アポイントや成約率が下がっているというケースもあります。

業務の効率化に役立つ営業ツールを使えば、営業マンはマーケティングや戦略策定など、本来集中すべき業務に注力できるでしょう。

営業ツールは、リスト作成や顧客データ管理など、手間のかかる業務や事務作業をツールで自動化可能。さらに市場や顧客のデータベースを活用して、マーケティング改善やPDCAサイクルに役立てられます。

例えば営業支援システムに特化した「Mazrica Sales」なら、以下の情報を簡単な操作でデータ化して管理可能です。

  • 顧客
  • 案件
  • 行動

自動レポート化機能も搭載されているため、報告や資料作成の負担も軽減されます。

>> Mazrica Salesの詳細をチェックする

顧客単価が低いケース

顧客単価に伸び悩んでいる場合には、営業支援やマーケティングに強い営業ツールを活用しましょう。

営業ツールを使えば、チーム内でナレッジを共有し、見込み顧客育成や成約の精度を高められます。アップセルやクロスセルの確度を高めれば、顧客単価の向上も目指せるでしょう。

例えばMAに特化した「Marketo」なら、顧客の関心度合いに応じて適切なアプローチを分析。段階的な情報提供を行うのに役立ちます。

見込み顧客だけでなく休眠顧客・既存顧客との関係性を高められれば、一時的な単価だけでなく、長期的な収益向上に繋がるでしょう。

>> Marketoをより詳しく知りたい方はこちらをクリック

おすすめの営業ツールを導入して営業活動を効率化しよう


営業ツールを導入すれば、日々の営業活動で生まれる情報管理の手間を省けるため、従業員はよりコア業務に専念できるようになります。

ただ「何を選ぶべきかわからない」「CRMやSFAなどの営業ツールをそれぞれ契約したら、高額になるのでは」と悩む担当者の方も多いでしょう。

もう一度おすすめの営業ツールを確認したい方は「【2024年最新】おすすめの営業ツール12選」をご覧ください。

なお、どのツールが良いか迷う場合は、営業活動に必要な機能がすべて含まれている「Sales Platform」がおすすめです。

以下3つの基本的な機能に加えて、新規開拓のためのリスト作成からアプローチ実行機能までカバーしています。

  • MA
  • CRM
  • SFA

今なら期間限定で60,000件以上の企業リストと6,000件の電話営業を無料プレゼント中です。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

営業ツールに関してよくある質問

Q. 営業ツールとは?

A. 営業ツールとは営業活動を効率化・支援するためのツールで、以下のような機能があります。

  1. 営業プロセスの一部自動化
  2. 営業活動のデータ化
  3. 案件の進捗管理
  4. 顧客情報の管理
  5. 顧客リストの作成
  6. AI分析による顧客アプローチ代行

営業活動における業務やマーケティングを自動化できるほか、AIによる分析やリスト作成でホットリードを割り出すなど、営業成績に繋がる役割が期待できます。

営業ツールの機能の違いについては「営業ツールの種類や役割」で詳しく紹介しているため、気になるかたはぜひ参考にしてみてください。

Q. どのような営業ツールから使うべき?

A. 営業ツールの種類や機能で迷う場合には「Sales Platform」のような、1つのツールですべての機能が備わっている営業ツールがおすすめです。

限定的な機能だけの営業ツールを個別で契約してしまうと、結果的には月々のランニングコストが上がる可能性があります。

Q. おすすめの営業ツールは?

A. 営業活動に必要とされるすべての機能が備わったSales Platformがおすすめです。

限定的にツールを導入したい場合は、下記のような営業支援サービスもあります。

ツール名解決できる悩み
Online Sales Consultingオンラインセールスの営業力を高めたい
meet inログイン不要のオンラインミーティングツールが欲しい
BIZMAPSリスト作成に使える企業データが欲しい
セールススクール営業力を高める「営業の型」が欲しい
ノコセル自社のサービスに興味のある顧客をマッチングして欲しい

上記のツールを併用すれば、営業業務のさらなる効率化が期待できるでしょう。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求はこちら

営業ツールの料金(費用)相場は?

A. 営業ツールの料金相場は、1ユーザーあたり月額5,000~20,000円です。

営業ツールの料金体系は機能やユーザー規模によって大きく変動します。そのため自社の営業チームの規模や、どのような機能を使用するかによって、営業ツールに割く予算は変わります。

導入コストが高くなるのを避けるためにも、機能は必ず吟味しましょう。

Q. 無料の営業ツールはある?

A. 営業ツールには、無料トライアル期間を設けているものや一部無料で利用できるサービスもあります。

  1. Sales Force:世界シェアNo.1の営業ツール
  2. HubSpot Sales Hub:誰でも利用しやすいCRMツール
  3. Crowd Calendar:スケジュール管理ツール
  4. URIKATA:営業マンのスキルアップツール

無料で利用できる営業ツールであれば、導入のハードルが低いため「自社にどのような営業ツールが合うかわからない」「自社の営業部隊に馴染むか試したい」という時にも便利です。

HubSpot Sales Hub」は、一部機能が無料で利用できます。必要に応じて追加機能を購入できるシステムのため、段階的に試せるでしょう。

>> HubSpot Sales Hubを無料で試すならこちらをクリック

Q. 売れる営業マンがツールを使っている理由はなんですか?

A. 売れる営業マンがツールを使っている理由は、以下の3つです。

  1. 営業活動を効率化できるため
  2. 自社に足りない強みや機能を補えるため
  3. 質の高い見込み客を獲得できるため

営業ツールを使用すれば、作業を自動化でき、注力したい業務に集中できます。

ノウハウに不足を感じている営業マンでも、営業ツールによって見込み客を徹底的に管理すれば、購買意欲の高い見込み客に効果的なアプローチが可能です。

お役に立ったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次