不動産におすすめ営業代行5社をプロが厳選!リソース削減で顧客獲得【事例あり】

不動産会社におすすめの営業代行を知りたい
不動産業界に強い営業代行会社はどうやって選んだらいい?

不動産業界でおすすめの営業代行サービスは株式会社アイドマ・ホールディングスの「Sales Platform」やhomie株式会社の「HOTLEADです。

とはいえ自社に合うサービスなのか見極めるのは難しいですよね。

自社に合った営業代行を見つけたいなら「営業代行比較ナビ」の活用がおすすめです。

不動産業界に強みを持つ営業代行会社の情報が充実しており、専門知識やトレンドに長けたサービスを見つけられます。

紹介後のアフターフォローもあり「営業代行会社を上手に使いこなせるか不安」という企業も安心して利用できるでしょう。

利用はすべて無料なので、営業代行会社選びに迷ったら気軽にお問い合わせください。

>> (無料)営業代行比較ナビに問い合わせをする

この記事の要約・まとめ

Q 不動産業界におすすめの営業代行会社はどこですか?

A 不動産業界におすすめの営業代行会社は、営業プロセスをトータルでサポートする「Sales Platformです。

営業ノウハウと実行スタッフの両方が活用できるので、ノウハウやマンパワー不足に悩む企業に適しています。不動産業界の実績も充実しており、日本全国680万件以上のリストから自社に適したターゲットを抽出できるのも魅力。

不動産業界におすすめの営業代行会社5選」では「Sales Platform」の他、不動産業界に実績のある営業代行会社を紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

Q 不動産会社が営業代行を選ぶ時のポイントを教えてください。

A 不動産会社が営業代行を選ぶ時のポイントは、以下の3つです。

  1. 営業代行のサービス内容が自社に合っているか
  2. 料金体系が予算・目的に合致しているか
  3. 不動産業界の実績があるか

不動産会社の営業では、専門用語や業界のトレンドを熟知していなければ確度の高いアポイントを獲得することはできません。

実績のある営業代行会社を選ぶことが一番のポイントと言えるでしょう。

詳しくは「不動産業界で営業代行を選ぶ際の3つのポイントと注意点」で解説しているので、チェックしてみてください。

Q 不動産業界で営業代行を使うメリットは何ですか?

A 不動産業界で営業代行を使うメリットは、以下の3つです。

  1. 不動産業界に長けた即戦力を導入できる
  2. ノウハウがなくても売上向上が目指せる
  3. 時間や人的コストを削減できる

不動産業界の実績がある営業代行を活用すれば、短期間・低コストで即戦力を導入できます。

詳しくは「不動産会社が営業代行を依頼するメリット3つ」でも解説しています。

目次

不動産業界におすすめの営業代行会社5選

不動産業界におすすめの営業代行会社は以下の5社です。

おすすめの営業代行会社特徴
株式会社アイドマ・ホールディングス・不動産会社の実績多数
・営業プロセスをトータルでサポート
・営業ツールと実行スタッフがセットになったサービス
homie株式会社・不動産業界に特化
・問い合わせに対する一次対応を実施
ミカタ株式会社・不動産業界に特化
・一括査定の初期対応を代行
アズ株式会社・不動産会社の実績あり
・テレアポによる新規開拓に特化
株式会社ジャパンプ・不動産会社の実績あり
・必要なフローをピンポイントで依頼可能

不動産会社での営業支援実績のあるサービスのみを厳選しました。

自社の課題やニーズに合わせて、最適なものを見つけてください。

営業全体のトータルサポートを依頼するなら「株式会社アイドマ・ホールディングス」

株式会社アイドマ・ホールディングス
出典:株式会社アイドマ・ホールディング
会社名株式会社アイドマ・ホールディングス
サービス名Sales Platform
特徴・不動産業界の実績多数
・営業ツールと実行スタッフがセットになったサービス
・リスト作成・アプローチ・分析まで支援
実績数10,000社以上

「営業全体の効率化を図りたい」という企業には、株式会社アイドマ・ホールディングスが提供する「Sales Platform」がおすすめです。

リスト作成からアプローチ、分析まで営業プロセスをトータルで任せられる営業代行会社で、不動産業界での実績も豊富。

Sales Platformを導入したことで「資料請求が増えた」という不動産会社の事例もありました。

導入後の成果として、アポイントと資料請求が増えました。これまでほとんどなかった、一般のお客様からの資料請求は既に60件以上寄せられ、大変驚いています。

公式サイトより引用

気になる方は「その他の事例」をご確認ください。

また強みとして、営業戦略の立案から実際のマーケティング活動の実績を全て納品してくれるため、再現性のある営業の仕組みが手に入ります。自社に営業ノウハウを蓄積したい企業にもおすすめです。

その他、1,150万円相当のツールを無料で利用できます。

マンパワー不足に悩む企業も「Sales Platform」なら採用や教育コストに悩まされることなく、顧客拡大が目指せるでしょう。

>> 無料プレゼント中!Sales Platformの資料請求をする

反響営業を強化するなら「homie株式会社」

homie株式会社
出典:homie株式会社
会社名homie株式会社
サービス名HOTLEAD
特徴・不動産業界に特化
・反響営業を代行
・不動産売買・注文領域に強み
実績数非公開

反響営業を強化するなら、homie株式会社の「HOTLEAD」がおすすめです。

問い合わせのあった見込み顧客に対する電話営業を代行するサービスで、AIによって最適な架電タイミングやトーク内容を分析し、効率的にアポイントを獲得できることが特徴。

不動産業界に特化しており、専門性の高いコンシェルジュによる対応でアポイントの質が高いと口コミでも高評価でした。

HOTLEAD導入後、メール問い合わせからのアポ率が3倍、成約件数が2倍と大きな成果が出ています。

公式サイトより引用

「反響対応に手が回らない」「反響からの成約率を高めたい」という企業は「HOTLEAD」をチェックしてみてください。

>> (無料)HOTLEADの資料請求をする

不動産一括査定を最大限活かすなら「ミカタ株式会社」

ミカタ株式会社
出典:ミカタ株式会社
会社名ミカタ株式会社
サービス名追客のミカタ
特徴・日本最大級の不動産売主専用のテレアポサービス
・一括査定の初期対応を代行
・訪問査定率は平均17~18%
実績数月間4,000案件以上

不動産一括査定を導入している企業なら、ミカタ株式会社が運営する「追客のミカタ」の活用がおすすめです。

「追客のミカタ」は日本最大級の不動産売主専用のテレアポサービスで、一括査定後の架電対応を代行します。

特徴は、一括査定後に平均2~3分で架電を開始するアプローチの早さ。いち早く売主にコンタクトをとることで、有利な営業活動を実現します。

一括査定の初期対応を依頼することで、業務が効率化できたという意見も見られました。

わずらわしい一括査定の初期対応が無くなり、他の案件に集中できるように。

一括査定は実査に繋がったものだけ対応すればいいので業務効率化に繋がっています。

公式サイトより引用

多忙や人手不足で反響にすぐに対応できない企業も、「追客のミカタ」を利用すれば一括査定の反響を活かしつつ、本来集中したい業務に注力できるようになるはずです。

>> (無料)追客のミカタの資料請求をする

商談数を増やしたいなら「アズ株式会社」

アズ株式会社
出典:アズ株式会社
会社名アズ株式会社
サービス名アポハンター
特徴・不動産業界の実績あり
・テレアポに特化
・完全成功報酬型
実績数1,800社以上

商談数に悩んでいるならアズ株式会社の「アポハンター」がおすすめです。

テレアポに特化した営業代行サービスで、ターゲット選定からトークスクリプト作成までアポ獲得に向けたフローを依頼できます。

口コミでも、少ない労力で顧客拡大を目指せる点が高評価でした。

アポも多く入り、成果も出ていますし、特段てこ入れしたり多くの教育をする必要もなかったので。スクリプトの改善していくフローや、スピード感もあり、ヒット率も向上していきましたし、営業の対応も良いと感じました。

公式サイトより引用

契約後はアポ獲得状況に応じてターゲット・トークスクリプトを調整。より精度の高いアポイント獲得が目指せるでしょう。

>> (無料)アポハンターの問い合わせをする

必要なフローをスポットで依頼するなら「株式会社ジャパンプ」

株式会社ジャパンプ
出典:株式会社ジャパンプ
会社名株式会社ジャパンプ
特徴・不動産業界での実績あり
・営業戦略の策定からアポ獲得、商談までサポート
・必要なフローのみを依頼することも可能
実績数300社以上

必要なフローをスポットで依頼するなら「株式会社ジャパンプ」がおすすめです。

ターゲット選定からリスト作成、テレアポ、商談、クロージングまでサポートする他、ピンポイントでの依頼にも対応。

1日だけの短期間や50件程度の小ロットの案件も取り扱うため、無駄なく必要なシーンでのみ活用できます。

自社の弱い部分を補強できることから「売上増加に繋がった」という事例もありました。

営業戦術、営業フロー等の企画・提案を行い、平均1,000万円の売上増加を実現。

インサイドセールス部隊の構築支援や、チームへの営業研修も実施し、チーム目標も達成

公式サイトより

個人向け営業にも対応できるので、不動産業界での個人向け営業を強化したい企業は「株式会社ジャパンプ」に問い合わせしてみてください。

>> (無料)株式会社ジャパンプに問い合わせをする

不動産業界で営業代行を選ぶ際の3つのポイントと注意点

不動産会社が営業代行を選ぶ時のポイントと注意点は、以下の3つです。

  1. 営業代行のサービス内容が自社に合っているか
  2. 料金体系が予算・目的に合致しているか
  3. 不動産業界の実績があるか

本項目をチェックすれば、自社に合った営業代行会社を効率よく見つけられるでしょう。

営業代行のサービス内容が自社に合っているか

営業代行のサービス内容は、提供する会社によって異なります。自社の目的に合ったフローを依頼できる営業代行会社を選びましょう。

依頼したいフローおすすめの営業代行会社
営業戦略の策定株式会社ジャパンプ
テレアポアズ株式会社
反響営業homie株式会社
営業活動全体の効率化株式会社アイドマ・ホールディングス

営業活動のフローをピンポイントで代行する株式会社ジャパンプ」なら、相談しながら必要なサービスだけを無駄なく依頼できます。

1日だけの短期間や50件程度の小ロットの案件にも対応しているため「営業代行を試してみたい」という企業にも導入しやすいサービスです。

>> (無料)株式会社ジャパンプに問い合わせをする

「商談数や成約率が伸びない」と悩む企業には、テレアポに強い営業代行がおすすめ。以下記事ではおすすめのテレアポ代行会社を紹介しているので、参考にしてみてください。

料金体系が予算・目的に合致しているか

料金体系には、大きく分けて「成功報酬型」「固定報酬型」「複合型」の3つがあります。

料金体系成果報酬型固定報酬型複合型
特徴アポイント数・受注数などによって支払う金額が変わる毎月一定の報酬を支払う毎月一定の支払いに加え、成果に応じた報酬を払う
メリット・成果がない場合は費用が発生しない
・質の高い成果を期待できる
・予算を管理しやすい
・コンサルティングやサポートサービスが含まれていることが多い
・固定費を抑えられる
・成果報酬と固定報酬の両方のメリットを享受できる
デメリット成果次第では、予算を超過するリスクがある成果に関わらず費用が発生する成果に応じて費用が高額になることがある

どの料金体系が適しているかは営業代行を利用する目的や予算に応じて異なります

アポハンター」のような成功報酬型の営業代行は、固定費を増やしたくない企業や確実な成果を求める企業に向いています。

一方「Sales Platform」のような固定報酬型では、営業支援ツールなどの付加サービスが含まれています。

営業活動全体のフロー改善に役立てたい企業に適しているでしょう。

営業代行会社の費用相場については、以下記事にて詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

不動産業界の実績があるか

不動産営業では、専門用語や顧客の特徴、業界のトレンドに精通している必要があります。

営業代行を選ぶ時は、不動産業界での実績をチェックしてください。

不動産業界に特化した「追客のミカタ」「HOTLEAD」なら、不動産会社の実績も充実しており、自社のニーズや課題を汲み取って的確なサポートをしてくれるでしょう。

不動産会社を含め10,000社以上の支援実績を持つ「Sales Platform」では「これまでにない視点で新しいアプローチ先に出会えた」という事例もありました。

これまで接点のなかった企業と取り引きを開始できました。熱量の高いお客様と出会えるようになり、手応えを感じています。

公式サイトより

なお不動産会社が営業代行を活用した事例は「不動産業界におすすめの営業代行会社5選」でも紹介しています。

不動産会社が営業代行を依頼するメリット3つ

不動産会社が営業代行を利用するメリットは以下の3つです。

  1. 不動産業界に長けた即戦力を導入できる
  2. ノウハウがなくても売上向上が目指せる
  3. 時間や人的コストを削減できる

営業代行を活用すれば、低コストで売上の最大化を目指せるでしょう。

不動産業界に長けた即戦力を導入できる

営業代行を依頼すれば、不動産業界に長けた即戦力を導入できます

不動産業界は幅広く、自社と同じ特定分野の経験者の採用に苦労している企業も多いはずです。

不動産業界に強い営業代行であれば、高い専門知識を持ったスタッフを活用できるので教育の手間もありません。

例えば不動産業界に特化した「HOTLEAD」は、業界知識に精通したコンシェルジュが見込み客へのアプローチを実行。

顧客の傾向も熟知しているので、質の高いアポイントへと繋げてくれます。

ノウハウがなくても売上向上が目指せる

営業代行を利用すれば、ノウハウがなくても売上向上を目指せます

ターゲット選定やトークスクリプト作成、見込み客へのアプローチなど営業活動全体を一括で任せられる「Sales Platform」なら、営業チームのスキル不足に悩む企業にも最適。

効率的かつ確度の高い営業活動を実現できるでしょう。

営業活動に使用したノウハウはドキュメントで納品されるので、自社の営業力を強化したい企業にもおすすめです。

時間や人的コストを削減できる

営業代行を使ってリスト作成やテレアポを外注すれば、注力したいコア業務に集中できます

アポイント獲得に特化した「アポハンター」なら質の良いアポイントで確度の高い商談を実現するので、少ない営業マンでも最大の売上化を目指せるでしょう。

費用は営業マンひとりを採用するよりも低コストで、採用や教育に時間を取られることもありません。

まとめ|不動産業界で営業代行会社探しに迷ったら営業代行比較ナビ

不動産業界でおすすめの営業代行サービスは「Sales Platform」や「HOTLEAD」です。

しかし「どのようなフローを依頼すればいいかわからない」という企業も多いでしょう。

営業代行会社の紹介サービス営業代行比較ナビ」を活用すれば、専任のコンシェルジュが課題や予算をヒアリングした上で最適なサービスを提案します。

不動産業界に特化した専門性の高い営業代行会社についての情報も豊富なので、自社に合うサービスを効率よく見つけられるはずです。

相談は無料なので、営業代行を検討している企業は以下よりお問い合わせください。

>> (無料)営業代行比較ナビに問い合わせをする

不動産業界の営業代行についてのよくあるQ&A

不動産業界の営業代行について、よくある質問をまとめました。

営業代行とは何ですか?

営業代行とは、以下のような営業活動のフローを代行するサービスです。

  • 営業戦略の策定
  • ターゲット選定
  • 新規開拓(テレアポ・訪問・反響対応)
  • 顧客管理
  • 商談
  • クロージング

上記の他、コンサルティングや営業支援ツールがセットになっている「Sales Platform」のようなサービスもあります。

フロー別のおすすめ営業代行会社は「営業代行のサービス内容が自社に合っているか」でも解説しているので、チェックしてみてください。

不動産業界に向いている営業代行会社を教えて下さい。

不動産業界に向いているのは、不動産会社での実績豊富な営業代行会社です。

不動産会社での実績が豊富なおすすめ営業代行会社特徴
株式会社アイドマ・ホールディングス・不動産会社の実績多数
・営業プロセスをトータルでサポート
・営業ツールと実行スタッフがセット
homie株式会社・不動産業界に特化
・問い合わせに対する一次対応を実施
ミカタ株式会社・不動産業界に特化
・一括査定の初期対応を代行
アズ株式会社・不動産会社の実績あり
・テレアポによる新規開拓に特化
株式会社ジャパンプ・不動産会社の実績あり
・必要なフローをピンポイントで依頼可能

不動産業界におすすめの営業代行会社5選」にて上記の営業代行会社の詳しい説明や事例を紹介しているので、参考にしてみてください。

リフォーム営業やBtoC向けの営業代行会社はありますか?

リフォーム営業やBtoC営業におすすめの営業代行会社は、以下2社です。

おすすめの営業代行会社特徴
ミカタ株式会社・日本最大級の売主専用テレアポサービスを運営
・不動産の一括査定をした売主に対し平均2~3分以内にアプローチ
株式会社ジャパンプ・BtoB、BtoCの両方に対応
・テレアポの他、訪問営業
・飛び込み営業も実施

アプローチ数や対応スピードに課題を感じている企業も、BtoCに強い営業代行会社を活用すれば、大規模かつ迅速な営業活動が実現できるでしょう。

お役に立ったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次